トップ > 八丈島の明日葉 > 八丈島の明日葉

八丈島の明日葉

八丈明日葉たっぷり、スッキリ体験をするなら ふるさと青汁

明日葉は伊豆諸島を中心とした、太平洋岸に自生する

日本固有のせり科の大形多年草本です。

原産地は、東京都八丈島とされています。

あしたばは日本固有の植物であり、

しかもその生育範囲が伊豆諸島付近と非常に限られていました。

夏は比較的涼しく、冬は暖かく、また、年間の降雨量が多い八丈島の気候が、

特にあしたばの生育に適しています。

 

「今日摘んでも、明日には新しい芽を出す」ことから

その「明日葉」の名前がついたとされています。

またこの名前のように成育が非常に早いのです。

特に3月から5月ごろは、1週間前後で新芽がでます。

生産農家の方々により摘まれ、束になった明日葉新芽を見ても、

元気いっぱい、活力旺盛な植物といった感じがします。

江戸時代には、アシタグサ、アイダグサ、ハジジョウソウと呼ばれ、

重宝されていました。古文書も多数残されています。

 

明日葉の茎や根を切ると、多量の黄色い汁が滲み出ますが、

これが明日葉最大の特徴です。

この黄汁の中には世界でも2,3種類の植物にしか含まれない成分、

「カルコン」が含まれています。

この「カルコン」については以前より研究が進められ、

今、注目を浴びています。

研究によって、「カルコン」は、健康維持、機能回復に

様々な作用があることが証明されていますし、

最近の研究では、メタボ対策と明日葉との関係についても

話題になっています。

明日葉は八丈の大自然が産んだ

栄養バランス抜群の優等生野菜なのです。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
    女性が注目するうわさの青汁!【安心な国内産原料使用♪】
八丈島明日葉「ふるさと青汁」(1箱30スティック入り)3,990円(税込)
注目成分カルコンたっぷり!→ふるさと青汁
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【ふるさと青汁】商品購入プロモーション
八丈島の明日葉
八丈島は明日葉の原産地とも言われています。特に八丈島の気候がアシタバ(明日葉)の生育に適していると言われ、伊豆諸島付近にしか生育していない希少な作物です。

前の記事 | 次の記事

IT用語