トップ > 明日葉の栄養成分=クマリン > 明日葉の栄養成分=クマリン

明日葉の栄養成分=クマリン

八丈明日葉たっぷり、スッキリ体験をするなら ふるさと青汁

「今日その葉を摘んでも、明日には新しい葉が出てくる」と言われるほど、

成長の早い明日葉 (あしたば ) 。

明日葉(あしたば)は、房総半島、三浦半島、八丈島や大島など

伊豆七島といった温暖な地方の海岸に自生するセリ科の多年性植物で、

古くから食用、また、乳牛の牧草として栽培されてきました。

セリ科の植物は薬効成分を含む植物として知られていますが、

最近になって、明日葉(あしたば)から幾つかの新しい成分が発見され、

テレビや雑誌などで注目を浴びるようになりました。

 

明日葉(あしたば)の茎や根を折ると、

その切り口からネバネバした黄色い液汁がにじみ出てきます。

この黄色い液汁には、有名なカルコンだけでなく、

クマリンという成分が含まれています。

クマリンは、明日葉(あしたば)特有の成分ではなく、

ホップや食用菊の花、ガジュツ ( 紫ウコン ) などにも含まれていますが、

明日葉(あしたば)には特に豊富に含まれています。

クマリンは、アルツハイマー型痴呆症を

予防する効果があると言われています。

また、クマリンには抗菌作用があります。

 

 

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
    女性が注目するうわさの青汁!【安心な国内産原料使用♪】
八丈島明日葉「ふるさと青汁」(1箱30スティック入り)3,990円(税込)
注目成分カルコンたっぷり!→ふるさと青汁
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【ふるさと青汁】商品購入プロモーション
明日葉の栄養成分=クマリン
明日葉(アシタバ)に含まれるクマリンという成分は抗菌作用でも知られています。

前の記事 | 次の記事

IT用語